©

Jul/2017 Back <<<
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
>>> Next
Jacobsen Cafe


ベルビューシアターの隣にはヤコブセンカフェがあります。

こちらはヤコブセン好きの経営者が内装に彼のデザインしたものを詰め込んでオープンさせたカフェになります。

内装に監修が入っていないと思いますのであまりパワーを感じませんが、建物自体はヤコブセン自身がデザインしているのでトイレやドアノブなどの意匠に感銘をうけること間違いなし。

とてもおいしそうな昼食を食べている方が沢山。残念ながら満腹状態の僕らはコーヒーだけ。
Scandinavia : comments (x) : trackback (x)
Bellvue Beach


中央駅から約15分ほどで到着するJACOBSENをご存じの方なら有名なベルビュービーチにもたちよりました。

ヤコブセンがリゾート地全体を設計したことで観光地になっています。

雪が降るビーチもなかなかなものです。

中央駅でベルビュー行きのホームを聞いた時にインフォーメーションのおばさんが
「あんな寒くてなんにもないところへ何しに行くの?」と不思議がっていました。

でもあるんです。これが

Scandinavia : comments (x) : trackback (x)
朝の街2


結構目にするPHのカッパー。こちらはホテルの外壁にいくつも設置してあります。
くたびれた感じがとてもよく、つれて帰りたいくらい。

盗難防止なのでしょうか?ホテルのロゴが入っています。


Scandinavia : comments (x) : trackback (x)
朝の街


この時期日が昇るのはおそいので大体10時でこのような早朝の雰囲気。

雪が降ったので路面はキラキラしています。

お店などが開き始めるこの時間が一番わくわくするのは日本人だけかも...


Scandinavia : comments (x) : trackback (x)
クリスマスチボリ


この時期のチボリ公園はクリスマスの装飾が加わりさらにメルヘンチックに変貌しています。

平日でも夜11時まで開園していますのでショッピングの後に体力があれば是非1日の最後に入れたいコースですね。

食事処も多く夕食も梅から松までバライティー豊富に選べます。

何気にアトラクションも本格的です。


Scandinavia : comments (x) : trackback (x)
アレクサンドラ


クラッシックのお部屋はお値段は張りますがウェグナーで統一したりフィンユールやグレーテヤルクで固めたお部屋がありとても魅力的。

予算上ここで一番下の部屋を予約しましたがそこには北欧のチェアーはあれども至って普通のラインナップ。
しかし幸いにもヒーターの故障でもう一つ上のお部屋にトランスしてもらいました。
くたびれたNV53がころりと設置してあり、レクリントの照明との相性はまずまずです。

朝食はオーガニックを意識したビッフェ形式。

とてもおいしくいただけます。

Scandinavia : comments (x) : trackback (x)
賑わい


街を散策。
日が短いこの時期は朝から集中して買い物を楽しむ方が多くクリスマス時期も重なり日本ではあまり目にしない男性が一人で女性に洋服などを買い物している姿を多く見かけます。

有名なイルムスボーリフス(生活館)イルム(総合デパート)今は母体が違うので経営理念が違うようです。日曜が休みがほとんどの街で前者は営業、後者は休業です。もう一つあるデパート「マガジン」はこの時期は日曜も営業してます。
Scandinavia : comments (x) : trackback (x)
ノルディック


今月10日間程北欧に来ています。

デンマークとスウェーデンを巡る行程です。

コペンハーゲンでは北欧モダンで統一されている「ホテルアレクサンドラ」に宿泊。


写真を沢山撮ってご紹介できればと思います。
Scandinavia : comments (x) : trackback (x)